作品概要

入浴者と白鳥の陶器》は、画家のラウル・デュフィによって制作された作品。制作年は1930年から1930年で、ポンピドゥーセンターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ラウル・デュフィは1924年にスペイン人の陶芸家であるローレンス・アーティガスと共に陶芸品に取り組んだ。二人はすぐにお互いを理解し、アーティガスは画家であるデュフィの忠実で装飾的なスタイルと才能を高く評価した。

デュフィの200ほどで構成される陶芸作品のうちのほとんどは、この二人の共同作品の結果である。全体の作品はデュフィの色彩豊かな装飾を見ものとした同等の形、大きさ、そしていくつかのタイルの陶器を特徴とする。

陶器に描かれる絵画

彼の選択したテーマである貝、魚、白鳥、そして入浴者が陶器の周りに終わることなく繰り返されている。この《入浴者と白鳥の陶器》はデュフィの他の代表的な作品と足並みをそろえている。自由な描線と共に、デュフィは1924年に始まった彼の絵画によって完成された技術を陶芸品へ吹き込んでいる。その技術とはデッサンと色彩の分離である。絵画、織物そして陶器の間には選択されたモチーフだけでなくその繰り返しという所に多くの類似点がある。この入浴者は幾度となくもとの場所へと戻ってくるが、それは白鳥と貝でそこに結ばれている。

高い評価を得た二人の芸術家

19世紀の折り返しに始まった陶芸家と画家のこの協力方式は、1907から1910年に絶頂期を向かえた。当時のフォービズムにしたがっていた数多くの画家たちはパリ郊外のスタジオに集まった。デュフィとアーティガスが一緒に活動して初めてこのような実りある協力が見られ、戦後直後にピカソの作品と共に最も熟達したレベルへと達したのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ラウル・デュフィ
  • 作品名入浴者と白鳥の陶器
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1930年 - 1930年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ポンピドゥーセンター (フランス)
  • 種類陶器
  • 高さ29.5cm
  • 横幅29.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 入浴者と白鳥の陶器の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。