作品概要

最後の審判》は、画家のウィリアム・ブレイクによって制作された作品。制作年は1805年から1808年。

詳細な画像を見る

起源

《最後の審判》は、ウィリアム・ブレイクによって描かれた水彩画で、挿絵画家として生涯を終える前の1808年に描かれたものである。1810年に自作の展覧会で出品される予定だったが、1809年に問題が発生したため中止となった。展示予定の絵画は紛失したが、初期の作品は無事であった。

その後、ブレイクによって書かれた解説目録によってあらゆる側面から説明されており、《最後の審判》は知られるようになった。また、《最後の審判》におけるブレイクの表現技法は今も残っており、よく似ているデザインが早い段階で公開されている。

この絵画について

オジアス・ハンフリーに向けて書かれた手紙によると、この作品はキリストの復活について描写されたものだと説明されている。この作品上には、神による審判の座についたキリスト、その背後には赤ん坊の頭が無数に描かれ、救世主の再臨を象徴する作品となっている。また、キリストは神の逆鱗に触れたことで4人のゾアたちと7人の天使に囲まれている。

それに加えて、復活を遂げる者はキリストの右側に、不道徳によって堕落した者は左側に描かれている。アダムとイブはキリストの下、アブラハムとモーゼはキリストのすぐ隣、そしてモーゼの下には蛇に巻き付かれた悪魔、中央にはキリストが死の聖書を手にしている。

テーマ

この作品は、『個人に向けた黙示録によって、人間は誰しも神の慈愛を受けることができる』というブレイク自身の信仰に基づいており、ヨハネの黙示録がブレイクの描写の土台となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ブレイク
  • 作品名最後の審判
  • 制作年1805年-1808年
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ151.1cm
  • 横幅120cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 最後の審判の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。