作品概要

ル・アーブル海岸散歩道》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された作品。制作年は1926年から1926年で、ポンピドゥーセンターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ラウル・デュフィはフランス北西部のル・アーブルで生まれた。この都市こそが彼の作品の尽きることのないインスピレーションの源として存続している場所である。彼が1900年から1904年の港を描く活動をしていた頃、1901年頃にはもう海岸の反応に対して興味を示し始めていた。

散歩道に注目

1920年代までは、ぶらぶらと海へ出ていく人々がたくさんいる散歩道こそが彼の作品の中心だった。この画題の初期のバージョンではその生き生きとした筆使いにより、ウジェーヌ・ブーダンのある作品と似ていると注目されていたが、デュフィはすぐに色彩の変化によって伝えることができ得る形である木造建築の幾何学へ注目を向けた。1926年から1930年の間、デュフィは故郷ノルマンディへ数えきれないほどの旅をして、光と海の景色の特色から絶えず続くインスピレーションを描いた。

《ル・アーブル海岸散歩道》は1926年に制作された3つある同じテーマの作品の中に属する。ル・アーブルの景観であり必要不可欠な構成要素である散歩道のモチーフを隔離させた。この歩道橋の全体の長さはこの二次元のスペースを分けている。最も目立つ位置にある浜辺は何人かの人で占拠され、狭く細長い道に縮小されている。

理論の応用

この時期の間、画家である彼自身によって発展させた3色で取り組む特別な方法を使うことでまとめられた。彼はまた自分の理論である白い影を応用した。その影とは、描かれた対象の内部にあり各々の本来の色から分離して考えられた姿になっている。人々や海の特徴は単一化された青の建築上のスペースの中で融合させている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名ル・アーブル海岸散歩道
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1926年 - 1926年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ポンピドゥーセンター (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ65.5cm
  • 横幅77.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ル・アーブル海岸散歩道の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。