作品概要

ピンクと灰色のバリエーション:チェルシー》は、画家のジェームズ・マクニール・ホイッスラーによって制作された作品。制作年は1871年から1872年で、フリーア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

堤防建設中のテムズ川

1855年、絵画を学ぶためアメリカからパリへ渡ったホイッスラーだったが、1859年にロンドンに移り住むと、テムズ川の魅力を発見し、川岸でスケッチをしてそれをチェルシーのアトリエで作品に仕上げるという日々を送った。アトリエの窓からもテムズ川と対岸の工業地帯バターシーの風景を見ることができ、彼のインスピレーションの源となった。

この作品が描かれた1872年は、テムズ川周辺の土地を再生するための公共事業としてチェルシー堤防の建設が行われていた時期であった。ここでは、建設現場のフェンスや都市計画の一部として植えられたばかりの木などが描き込まれている。平面的で左右非対称な構図には日本美術の影響がみられる。堤防は1874年に完成し、ホイッスラーがスケッチをする場所としてお気に入りのひとつとなった。

作者について

ジェームズ・マクニール・ホイッスラーは1834年にアメリカのマサチューセッツ州ローウェルで生まれた。父親の仕事の都合で移り住んだロシアのサンクトペテルブルクで絵画を学び、一度アメリカに戻るものの、画家を目指して再びヨーロッパに渡ってからは祖国に戻ることはなかった。はじめはパリとロンドンを行き来していたが、最終的にはロンドンで画家人生の大半を過ごすこととなった。

「芸術のための芸術」を支持したことで知られており、キャンバスの上に描かれたもの以上の意味を絵画に持たせることを嫌った。連作《ノクターン》などの、色彩のハーモニーを重視した抽象的な風景画で知られている。ジャポニスムの流行により、日本美術の影響を受けた作品も多い。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジェームズ・マクニール・ホイッスラー
  • 作品名ピンクと灰色のバリエーション:チェルシー
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1871年 - 1872年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵フリーア美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ62.7cm
  • 横幅40.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ピンクと灰色のバリエーション:チェルシーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。