作品概要

踊り子モア》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1911年から1911年で、レオポルド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《踊り子モア》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって1911年に制作された油彩画である。

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

モデルについて

モアは踊り子であり、シーレの友人であった。彼女はダンス・パートナーであるアーウィン・ドム・オセン(シーレと密接な関係を持つ劇場画家)とともにキャバレーでパフォーマンスをした。1910年から1911年の間、モアは繰り返しシーレ作品のモデルとなった。

描写など

シーレの水彩画では、モアはエキゾチックで豊かな色の衣装に身を包んでいる。その幾何学的なデザインは、彼女の体を完全に覆い隠している。彼女の顔は黒髪に囲まれており、目は大胆に表現されている。現実的に描写された顔と、装飾的に抽象化されたドレープとの間にある意図的な対比は、若きシーレが導入したばかりの様式、表現力のある次元を示している。

クリムトとの違い

この作品の描写は、シーレがクリムトの例からどのくらい離れたかを説明している。シーレはクリムトのローブを着た人物を変化させ、クリムトの「魅惑的な幻影」を永久に放棄し、ユーゲント様式を表現主義に変身させ、全く新しいものを創り出した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名踊り子モア
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1911年 - 1911年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵レオポルド美術館 (オーストリア)
  • 種類鉛筆、水彩、紙
  • 高さ47.8cm
  • 横幅31.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 踊り子モアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。