作品概要

村の通り、ボワシー=レ=ペルシュ》は、画家のモーリス・ド・ヴラマンクによって制作された作品。制作年は1925年から1925年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

モーリス・ド・ヴィラマンクは、パリのピエールレスコット通りで生まれた。父のエドモンド・ジュリアンはフラマン人、母親のジョセフィーン・キャロライン・グリルレットはロレーヌ出身であった。彼は、父からバイオリン、母からピアノを習った。幼少期はル・ヴェジネの祖母宅で過ごした。

フォーヴィズム運動まで

モーリス・ド・ヴィラマンクは、10代後半から絵を描き始めた。23歳のとき、列車で憧れの画家アンドレ・ドランと偶然出会い、生涯に渡る友人となった。 1900年、シャトゥ島にアンドレ・ドランと共同のアトリエを持った。ここはのちに「シャトゥの学校」と呼ばれるようになる。モーリス・ド・ヴィラマンクはこの場で約10年間、バイオリンの演奏とレッスン、またプロの競輪選手としての収入で生計を立てながら絵を描き続けた。

1905年、アンドレ・ドランとともに、サロン・ドートンヌに参加した。アンリ・マティス、オトン・フリエスらも参加しており、彼らの鮮やかな色合い、大胆な筆使いのキャンバスを見た後、美術評論家ルイ・ヴォークセルは、彼らを「フォーヴ派(野獣派)」と名付けた。

この頃、モーリス・ド・ヴィラマンクは、印象派のゴッホから大きな影響を受けており、物理的な世界を動きの感覚をもって表現する絵画を試み始めた。

フォーヴィズム運動以後

1908年、フォーヴィズム運動を脱退し、以後、対象のボリューム感を強調し構築的に画面に配置する技法を用いていた、ポール・セザンヌの絵画に傾倒した。1913年、彼はマルセイユとマルティーグで再びアンドレ・ドランと合流して絵を描いた。

1920年ごろからは、スザンヌの影響は減り、フォーヴィスム時代を彷彿とさせる動的な筆使いに戻ったが、色彩はかつてと違い、黒、灰、濃茶の暗い単色調であった。1925年ごろにはフランス全土を旅しながら絵画を描いており、《村の通り》もその作品のひとつである。1925年、パリの南西ウール・エ・ロワール県にある小さな村、リュイユ=ラ=ガドゥリエールに定住した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ド・ヴラマンク
  • 作品名村の通り、ボワシー=レ=ペルシュ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1925年 - 1925年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類葦ペン
  • 高さ25.2cm
  • 横幅32.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 村の通り、ボワシー=レ=ペルシュの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。