作品概要

赤いヴァイオリン》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された作品。制作年は1948年から1948年で、ポンピドゥーセンターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

音楽好き一家のもとに生まれたラウル・デュフィの作品である《赤いヴァイオリン》は、1909年モーツァルトへのオマージュとして初めて描かれたヴァイオリンである。その生涯を通し、悲観的な作品を描いたことがないと言われている。そして1930年代からキャリアの終わる最後まで、彼の一連の絵画は有名なクラッシックの音楽家たちへ捧げられた。

音楽への影響

彼の作品はオマージュである1945年から1949年にかけて作られた彼のヴァイオリンシリーズを通して、素晴らしい作曲家たちへ音楽に真の視覚的表現を与えた。絵の中でお気に入りの作曲家たちであるモーツァルト、バッハ、ドビュッシーの音楽世界を色に結び付けたのである。彼はキャリアの最後10年間、腕試しで筆遣いの効果や色の対比といったトーナル画法を試し、用いていた流儀である明るく輝かしい彩色をやめたのだ。そして色彩の強さを最大限に押し出し全体の構成へ広げた。

作品解釈

《赤いヴァイオリン》は数あるシリーズの中の最も抽象的なバージョンではなく、楽譜と色がついた場所に置かれた楽器の関係づけにある。基礎的なデザインである2つの台形が描かれたテーブルと楽譜が、均衡のとれたヴァイオリンの曲線を精巧に相殺している。室内の装飾は最小限かつ直線的で、ほぼ赤色の彩色で占められている。

現実主義のしばりから解き放たれ、デュフィは彼自身の色彩の想像世界の解釈を伝えている。楽譜そして赤色と合わさったヴァイオリンはモーツァルトやバッハの音楽を呼び起こす。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名赤いヴァイオリン
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1948年 - 1948年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ポンピドゥーセンター (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ22.5cm
  • 横幅27.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 赤いヴァイオリンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。