作品概要

戸口》は、画家のジェームズ・マクニール・ホイッスラーによって制作された作品。制作年は1879年から1880年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ヴェネツィア滞在中に製作

1877年、自らの作品を酷評した美術評論家のジョン・ラスキンを名誉棄損で訴えたホイッスラーは、勝訴したものの裁判費用が支払えずに1879年に破産を余儀なくされた。経済的に困窮していたホイッスラーの元にヴェネツィアを題材にしたエッチング作品の依頼が舞い込むと、ホイッスラーは喜んで引き受け、愛人と共にヴェネツィアに旅立った。この作品はその時製作されたエッチングのひとつである。約1年のヴェネツィア滞在の間、ホイッスラーは50点以上のエッチング、90点以上のパステル画、数点の油彩画を製作している。

水と光の効果

この作品は「ファースト・ヴェニス・セット」と呼ばれる、ヴェネツィアを描いたエッチング集の中のひとつである。リアルト橋の東側、ファーヴァ川に面するパラッツォ・グッソーニの入口を題材としている。光の効果を生み出そうとの彼の意図により、画面の下3分の1はうっすらと建物が映った運河の水面となっている。建物に目を移すと、細かく描写された窓の網目が暗い内部空間に網目状に光を反射させているのがわかる。建物の内部には日の差す中庭が見えるが、ホイッスラーは光の効果を強調するために恐らく意図的に細部の描写を省いている。

ホイッスラーはアメリカで生まれたが、画家を志してパリに渡って以来ヨーロッパで暮らし、祖国に戻ることはなかった。最も長く暮らしたのがロンドンのチェルシーで、自宅から近かったテムズ川の風景を描いた作品を多く残している。テムズ川の水面が生み出す微妙な色の変化を追求したホイッスラーにとって、水の都ヴェネツィアでの作品製作は興味深いものであったに違いない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジェームズ・マクニール・ホイッスラー
  • 作品名戸口
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1879年 - 1880年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類エッチング
  • 高さ29.2cm
  • 横幅20cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 戸口の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。