作品概要

》は、画家のモーリス・ド・ヴラマンクによって制作された作品。制作年は1912年から1913年で、ウェールズ国立博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1908年からのモーリス・ド・ヴィラマンクは、ポール・セザンヌから大きな影響を受けた。1912年から1913年ころに描かれた《橋》の構成は、おそらく、ポール・セザンヌの1893年から1895年に描かれた《クレテイル宮殿にかかる橋》(プーシキン美術館、モスクワに貯蔵)に由来している。 この《橋》は、ポーランド生まれのパリのディーラーであるレオポルド・ズボロウスキーから、1919年にグウェンドライン・デイビーズによって買い取られた。

ポール・セザンヌについて

晩年のポール・セザンヌは、多くの厄介ごとを抱えており、それを絵画で表現していたが、実質的には多くの時間を世捨て人として過ごしていた。これらの絵は、のちによく知られるようになり、ポール・セザンヌは新世代の画家から尊敬の的としてみられるようになる。

ポール・セザンヌを悩ませていた問題は、1890年から糖尿病の発症に見舞われ、人格が不安定となり、対人関係がうまくいかなくなったことである。彼はおそらくこの解決のために、伴侶であるオルタンスと自分の息子とともにスイスを旅したが、のちに生活のためにプロヴァンスへの帰還を余儀なくされた。オルタンスと息子はパリへ向かった。財政的な理由で、オルタンスもプロヴァンスへ戻る必要があったが、結果的にその後四半世紀離れて暮らすことになる。

のちにポール・セザンヌは母と姉妹とともにパリへ転居した。そのため、絵画は、以前のようにジャス・ド・ブッファンとパリ地域で描かれることになる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ド・ヴラマンク
  • 作品名
  • 制作年1912年-1913年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ウェールズ国立博物館 (イギリス)
  • 種類油彩/カンヴァス
  • 高さ59.8cm
  • 横幅73.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 橋の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。