作品概要

シャトゥー》は、画家のモーリス・ド・ヴラマンクによって制作された作品。制作年は1906年から1906?年で、ポーラ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

パリの郊外約10kmにあるシャトゥは、セーヌ川沿いの西に位置する小さな村で、向かい側には、川の中心にある長く狭いシャトゥ島がある。1837年にパリと鉄道で結ばれて以来、舟遊びで知られる行楽地となり、飲食店やダンス・ホールが激増した。

カフェ・レストラン「ラ・メゾン・フルネーズ」には、小説家モーパッサン、≪舟遊びの昼食≫(1881、フィリップス・コレクション蔵)を描いたルノワールやモネも訪れている。

画家の背景と画風

モーリス・ド・ヴィラマンクは、10代後半からシャトゥ島で絵を描き始め、 1893年からはヘンリ・レガロンとともに絵を学んでいた。1900年に兵役の関係でパリからシャトゥに戻る列車のなかで偶然出会った画家アンドレ・ドランと意気投合し、陸軍での兵役終了後、シャトゥ島内の廃屋になっていたレストランを借り、共同のアトリエを構えた。このアトリエは、“シャトゥの学校”と呼ばれるようになる。

1901年、ゴッホに出会ったモーリス・ド・ヴィラマンクはその絵画に影響を受けた。モーリス・ド・ヴィラマンクらの作品を代表として、フォーヴィスム(野獣派)内における「シャトゥ派」が形成された。

この絵画《シャトゥ》は、セーヌ川畔の赤い屋根の家々を囲む画面左右の木々やセーヌ川の水面は、赤、緑、青、白などの鮮烈な色彩を使用して大胆なタッチで描かれ、輝くような美しさと力強さを湛えた作品に仕上がっている。その後、数年間、モーリス・ド・ヴィラマンクがフォーウィズムを脱退するまで、彼の作品にはこの技法が用いられた。

家にある絵画、高額で売りませんか?

モーリス・ド・ヴラマンクと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ド・ヴラマンク
  • 作品名シャトゥー
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1906年 - 1906?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ポーラ美術館 (日本)
  • 種類油彩/カンヴァス
  • 高さ65.4cm
  • 横幅81.1cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • シャトゥーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。