作品概要

ピンクとグレーのハーモニー(レディ・ミューズの肖像)》は、画家のジェームズ・マクニール・ホイッスラーによって制作された作品。制作年は1881年から1881年で、フリック・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

社交界で活躍した女性

ロンドンでブルワリーを営んでいたサー・ヘンリー・ミューズの妻、レディ・ミューズを描いた肖像画で、ホイッスラーが彼女を描いた作品としては2作目となる。ホイッスラーはレディ・ミューズの肖像画を3点製作しているが、3作目はミューズとの間に諍いが起こったため、完成前に自ら破棄してしまったという。

レディ・ミューズは、ロンドンのカジノでバーテンダーや売春婦をしながら女優を目指していたようだが、実業家のヘンリー・ミューズと出会い結婚。社交界で活躍し、狩りの時に象に乗って現れるなど話題となる人物だった。彼女は、美術評論家ジョン・ラスキンとの裁判で経済的に困窮していたホイッスラーに高額の報酬で肖像画の製作を持ちかけた。

色の調和を重視

この肖像画では、レディ・ミューズはピンクがかったグレーのカーテンを背景に、ステージの上に立っているように描かれている。これは、彼女が舞台女優を自称していた(1シーズンのみ舞台に立ったことがあるらしい)ことによる演出であろう。服装も、背景と色調を合わせて、ピンクのサテン地で縁取られたライトグレーのドレスである。ホイッスラーは絵画において色の調和を重んじており、タイトルからもそれがわかる。また、絵画と音楽に類似性を見出した彼は、「ハーモニー」「ノクターン」などの音楽用語を好んでタイトルに用いた。

右側の中央よりやや下に、ホイッスラーがサインとして用いた蝶のマークが描かれている。これは日本美術を愛好した彼が、日本の落款や家紋を参考に考案したものだという。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジェームズ・マクニール・ホイッスラー
  • 作品名ピンクとグレーのハーモニー(レディ・ミューズの肖像)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1881年 - 1881年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵フリック・コレクション (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ194cm
  • 横幅93cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ピンクとグレーのハーモニー(レディ・ミューズの肖像)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。