作品概要

黒のアレンジメントNo.5(レディ・ミューズの肖像)》は、画家のジェームズ・マクニール・ホイッスラーによって制作された作品。制作年は1881年から1881年で、ホノルル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

社交界の華

ジェームズ・マクニール・ホイッスラーは、19世紀後半に肖像画家、風景画家として活動した。アメリカ出身だが、画家になるためヨーロッパに渡り、主にロンドンで生活していた。油絵の他にエッチングも多数製作している。

描かれているレディ・ミューズは、ビクトリア時代の社交界で活躍した女性であり、ロンドンでブルワリーを営むサー・ヘンリー・ミューズの妻だった人物。女優と自称していたが、舞台に上がったことはほとんどなかったようだ。ロンドンのカジノのバーで働いていた時にヘンリーと出会ったとされる。

皇太子夫妻が称賛

1879年に、彼の絵を批判した美術評論家ジョン・ラスキンとの裁判費用を支払えず、破産に追い込まれたホイッスラー。彼の破産後、最初に多額の報酬で肖像画の依頼をしたのはレディー・ミューズだった。ここでは黒いドレスに長い白のファーコートを羽織り、ダイアモンドのティアラ、ネックレス、ブレスレットをつけてポーズをとっている。当時皇太子だったエドワード7世とアレクサンドラ皇太子妃がホイッスラーのアトリエでこの絵を見て称賛したという。1882年のパリのサロンでも展示され、好評を博した。

ホイッスラーは、絵画のタイトルの多くに「アレンジメント」や「ハーモニー」などの音楽用語を用いた。これは、彼が絵画と音楽に共通点を見出したことによるものであり、また抽象的なタイトルにすることで、絵画を鑑賞する上で彼が不要と考えた、描かれた対象についての情報を取り去る意図があった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジェームズ・マクニール・ホイッスラー
  • 作品名黒のアレンジメントNo.5(レディ・ミューズの肖像)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1881年 - 1881年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ホノルル美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ194.3cm
  • 横幅130.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黒のアレンジメントNo.5(レディ・ミューズの肖像)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。