作品概要

白と黒のアレンジメント》は、画家のジェームズ・マクニール・ホイッスラーによって制作された作品。制作年は1876年から1876年で、フリーア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

作者の愛人

描かれている女性はモード・フランクリンである。彼女はイングランドのオックスフォードシャー州出身の画家で、ホイッスラーの絵画モデルであり愛人でもあった。

フランクリンは早くて1872年、15歳の頃から、他の人物の肖像画の代役としてホイッスラーの絵画モデルを務めるようになった。彼女は1870年代後半までの間、本作品を代表として、エッチングや油絵のモデルとなり、複数の肖像画で代役も務めた。

画家としては、クリフトン・リンという名前でロンドンのグロブナー・ギャラリーで絵画を展示している。英国芸術協会の展覧会にも出品していた。

ホイッスラーとの関係

ホイッスラーとの間に2人の娘をもうけたフランクリンは、自身を「ホイッスラー夫人」と名乗ることもあった。ただし、ホイッスラーはいつも彼女を良く扱っていたわけではないようだ。1879年1月、美術評論家のジョン・ラスキンを名誉毀損で訴えた裁判の最中、彼はパリにいると偽って、彼の子を妊娠していたフランクリンをロンドンのホテルに置き去りにして顧みなかったという。ただしその後、裁判費用が払えずに破産したホイッスラーがヴェネツィアに移住した際には、彼女も同行した。

ホイッスラーは1888年に別の愛人ビアトリス・ゴドウィンと結婚した。フランクリンとのもめ事を恐れた彼らは極秘に結婚式を執り行ったという。その後、フランクリンはパリに移ってニューヨーク出身のアメリカ人男性と結婚、1904年に彼に先立たれると、1911には別のアメリカ人男性と再婚してカンヌ近郊で暮らした。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジェームズ・マクニール・ホイッスラー
  • 作品名白と黒のアレンジメント
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1876年 - 1876年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵フリーア美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ191.4cm
  • 横幅90.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 白と黒のアレンジメントの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。