作品概要

日の老いたる者》は、画家のウィリアム・ブレイクによって制作された作品。制作年は1793?年から1794年で、ブリティッシュ・ミュージアムに所蔵されている。

詳細な画像を見る

作品概要

《日の老いたる者》はイギリスの画家であるウィリアム・ブレイクの作品で、1794年に出版された「ヨーロッパ、ひとつの預言」という本の口絵となったものである。

コピーが現存

水彩画法の食刻で作られたこの作品は、ロンドンのブリティッシュ・ミュージアムに、世界中にある13のコピーのうちの「コピーD」として現存する。その他のコピーは様々な図書館、博物館、大学にあり、それぞれが独特である。それはドレイク自身が手作業で版画を着色しており、そのような独自の制作過程を持っていたためである。

コンパスを持つ創造神

《日の老いたる者》はまれに見る彼のお気に入り作品であり、宇宙の創造神を描いている。その男の名前はユリゼンという。ブレイクの複雑な神話の中で、従来の道理や法則を体現した存在である。雲のようなものを背景に、円形のデザインの中にしゃがんでいる。彼の伸ばした手にあるコンパスは、より下の空虚な暗闇へ差しかけている。

このようにコンパスを使った比喩的表現は、次の年に完成させた彼の「ニュートン」という作品においても用いられている。彼は普段はひげのある老人として描かれているが、時として建築家の道具を持ち、宇宙や網を創造し、拘束する。それにより法と慣習的な社会の網の中にいる人々を罠にかける。

人々にとっても人気の高い作品

ブレイクは晩年芸術家として失敗したが、《日の老いたる者》は例外であった。複製品に対する手数料が発生するほど十分な人気があり、たくさんの人々から支持された作品であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ブレイク
  • 作品名日の老いたる者
  • 制作年1793?年-1794年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ブリティッシュ・ミュージアム (イギリス)
  • 種類水彩画
  • 高さ23.3cm
  • 横幅16.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 日の老いたる者の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。