作品概要

ノクターン:青と金色-オールド・バターシー・ブリッジ》は、画家のジェームズ・マクニール・ホイッスラーによって制作された作品。制作年は1872年から1872年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

黄昏時の風景

テムズ川の黄昏時の風景を表現した作品である。川にかかるバターシー・ブリッジは、近代的なデザインに作り替えられる前の姿で描かれている。画面左側にはチェルシー・オールド・チャーチ、右側には当時完成したばかりのアルバート・ブリッジが見え、遠くの空には花火が打ち上げられている。視覚効果を生むためにバターシー・ブリッジは実際よりも橋脚が高く描かれているが、これは彼が好んだ葛飾北斎や歌川広重などの浮世絵の影響と考えられる。連作《ノクターン》の5作目である。

作者のホイッスラーはアメリカ出身だが、ヨーロッパに渡り、画家人生の大半をロンドンで過ごした。彼はチェルシーにアトリエを構え、その窓からも見ることのできたテムズ川の風景を数多く描いている。ホイッスラーは昼間の騒々しいテムズ川ではなく、静かな夜の風景を好んだ。彼はスケッチのため船に乗り、時には一晩中船の上で過ごしたという。そうしてスケッチした風景をアトリエで油彩画に仕上げていた。

タイトルの由来

夜の風景を描いたホイッスラーの作品に「ノクターン」という言葉を初めて使ったのは、彼のパトロンだったフレデリック・レイランドだが、気に入ったホイッスラーが以後タイトルに用いるようになった。彼はノクターンという抽象的な言葉を使うことによって、具体的な情報を取り除き、色の調和や描かれた光景の雰囲気を表現することを目指した。

《ノクターン》シリーズが発表された当時、ホイッスラーの抽象的な風景画はかなり前衛的で、美術評論家たちは困惑した。その中でも影響力のあった評論家ジョン・ラスキンが批判したことで論争が起こり、ホイッスラーはラスキンを名誉棄損で訴えるに至った。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジェームズ・マクニール・ホイッスラー
  • 作品名ノクターン:青と金色-オールド・バターシー・ブリッジ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1872年 - 1872年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ68cm
  • 横幅51cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ノクターン:青と金色-オールド・バターシー・ブリッジの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。