作品概要

悲しみの女》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、レオポルド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《悲しみの女》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって1912年に制作された油彩画である。

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

短いキャリアの中で驚くほど多作だったこの画家は、精神的かつエロティックな作品だけでなく、スキャンダルだらけのみだらな生活、悪評、インフルエンザによる28歳での悲劇的な早逝などの、興味深い人生で有名である。彼が亡くなったのは、妊娠していた妻が死亡した3日後、そして彼のキャリアの大半で無縁だった商業的成功の寸前のことであった。

悲しみの理由

この肖像画の効果は、女性の大きな涙目、こけた頬、薄い肌によって伝わってくる。これは確かにシーレの最も表現力豊かな絵の一つであり、さらに彼の作品では独特の地位を占めている。

描かれている女性の上には、別の顔も見える。これは明らかに感情的な絆を持っている男性のものである。シーレはおそらく、この男が女性の思考を支配していることを示すことを意図していた。つまり、彼女の悲しみの理由は一人の人間なのである。

ここに描かれている女性のモデルは、1911年から1915年にかけてシーレの恋人であったヴァリー・ノイツェルであることは間違いない。この肖像画は、二人の複雑な関係を示している。

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名悲しみの女
  • 制作年1912年-1912年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵レオポルド美術館 (オーストリア)
  • 種類油彩、板
  • 高さ42.5cm
  • 横幅34cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 悲しみの女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。