作品概要

エーディトの肖像》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1915年から1915年で、デン・ハーグ市美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《エーディトの肖像》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって1915年に制作された油彩画である。オランダのデン・ハーグ市美術館に所蔵されている。

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

モデルについて

エーディト・ハルムスは、妹のアデーレ、両親とともに、シーレのアトリエの向かい側に住んでいた。1914年、シーレは彼のモデルを務めていたヴァリー・ノイツェルとまだ交際していたにもかかわらず、エーディトと恋愛関係を持つに至った。エゴン・シーレは、1915年6月17日、25歳でエーディトと結婚した。

人間味に欠けた描写

彼の花嫁のこの肖像画は、結婚した年の8月に完成した。エーディトの姿勢は不格好である。彼女はあたかも支えられた人形のように見える。シーレのアトリエのカーテンから作られたストライプのドレスを身に着け、正面を見せ、腕をだらりと下げたエーディトは、人間味に欠けた装飾的な側面に注意を惹きつける。丸めた手と、傷つきやすそうな視線だけが激しく感情的な親密さを露わにしている。

彼らの婚姻期間は、わずか3年間しか続かなかった。離婚したのではなく、エーディトは1918年10月28日、妊娠六か月のときにスペインかぜで死亡したのである。シーレもその3日後に、28歳で同じ病気のため死亡した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名エーディトの肖像
  • 分類絵画
  • 制作年1915年-1915年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵デン・ハーグ市美術館 (オランダ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ183.7cm
  • 横幅114.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エーディトの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。