作品概要

母と娘》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1913年から1913年で、レオポルド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《母と娘》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって1913年に制作された水彩画である。

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

自信とともに描かれた線

シーレは芸術界の傑出した熟達者である。ルドルフ・レオポルドは、同様の自信と激しさで描かれた線を見つけるためには、レンブラントやデューラーまで遡る必要があると述べた。そして確かに、エゴン・シーレが制作した約3,000点の作品のすべての線は、非常な自信とともに描かれているように見える。

描写について

1913年制作の、母と娘を描いたこのいじらしい作品について、レオポルドは次のように述べている。

娘の細長い体の斜めの軸は、まっすぐ下に下がるポニーテールによって相殺されており、その斜めの軸は母の腕と娘の右腕の両方を貫く中心軸に対してほぼ反対の角度になっている。母親の顔の位置、娘の頭、そして彼女の頭と平行の左太ももの輪郭もこれに貢献している。

娘の身体と下がった右肩、そしてぶら下がったポニーテールは、非常に印象的な方法で描かれている。母親の服の赤は、柔らかい赤と灰色の色調で生き生きと描かれた娘の肌と対照となっている。母親と娘の髪は、同じ金色で描かれている。

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名母と娘
  • 制作年1913年-1913年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵レオポルド美術館 (オーストリア)
  • 種類水彩、紙、鉛筆、ガッシュ
  • 高さ47.9cm
  • 横幅31.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 母と娘の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。