作品概要

吹き荒れる風の中の秋の木》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、レオポルド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

短いキャリアの中で驚くほど多作だったこの画家は、精神的かつエロティックな作品だけでなく、スキャンダルだらけのみだらな生活、悪評、インフルエンザによる28歳での悲劇的な早逝などの、興味深い人生で有名である。彼が亡くなったのは、妊娠していた妻が死亡した3日後、そして彼のキャリアの大半で無縁だった商業的成功の寸前のことであった。

制作の背景

エゴン・シーレは1911年の秋から、オーストリアの小さな美しい町、ノイレンバッハに住んでいた。その風景は、シーレの母の出身地、チェコのクルマウのように、シーレに印象的な風景画を描かせた。

この作品では、樹木というよりもブドウの蔓のようにきゃしゃな植物を描いている。枝は灰色がかった空から現れ、絵の表面全体に広がっている。

描写など

ルドルフ・レオポルド氏は、「このように不釣り合いな多量のグレーで描かれ、繊細なニュアンスを備えた優しさを持つ作品は前例がない」と述べ、空の独特の色彩効果に注目している。

自由度の高い構成は、自然をほぼ抽象的な構造に変換している。同時に、細い枝の激しい動きは、シーレの擬人化された自然観を反映している。

画家は、しばしば自然界における人間の特性を観察していた。例えば、1913年に書かれた手紙で、彼は次のように書いている。

「植物は、人間の体と同様の動き、喜びや悲しみと類似の感情を彷彿とさせる」

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名吹き荒れる風の中の秋の木
  • 制作年1912年-1912年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵レオポルド美術館 (オーストリア)
  • 種類油彩、鉛筆、キャンバス
  • 高さ80cm
  • 横幅80.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 吹き荒れる風の中の秋の木の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。