作品概要

ストライプのドレスで座っているエーディト・シーレ》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1915年から1915年で、レオポルド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

短いキャリアの中で驚くほど多作だったこの画家は、精神的かつエロティックな作品だけでなく、スキャンダルだらけのみだらな生活、悪評、インフルエンザによる28歳での悲劇的な早逝などの、興味深い人生で有名である。彼が亡くなったのは、妊娠していた妻が死亡した3日後、そして彼のキャリアの大半で無縁だった商業的成功の寸前のことであった。

モデルについて

エーディト・ハルムスは、妹のアデーレ、両親とともに、シーレのアトリエの向かい側に住んでいた。1914年、シーレは彼のモデルを務めていたヴァリー・ノイツェルとまだ交際していたにもかかわらず、エーディトと恋愛関係を持つに至った。エーディトがシーレにヴァリーと別れるよう迫ったことは言うまでもないが、それはシーレにとって容易なことではなかった。シーレはヴァリーに、少なくとも年に一度は一緒に休暇をとることを提案したが、ヴァリーはそれを当然拒否した。

1915年6月、シーレとエーディトの結婚式が行われた。その4日後、シーレはプラハで軍事訓練に呼び出された。エーディトは誠実な伴侶であり、しばしば彼のモデルとして登場した。エーディトはその後妊娠したが、6ヶ月に入った1918年10月28日に、スペインかぜの犠牲者として死亡した。同じ病気に罹っていたシーレは、3日後に彼女の後を追うように亡くなった。

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名ストライプのドレスで座っているエーディト・シーレ
  • 制作年1915年-1915年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵レオポルド美術館 (オーストリア)
  • 種類鉛筆、ガッシュ、紙
  • 高さ50.8cm
  • 横幅40.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ストライプのドレスで座っているエーディト・シーレの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。