作品概要

ゲルティ・シーレの肖像》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1909年から1909年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

短いキャリアの中で驚くほど多作だったこの画家は、精神的かつエロティックな作品だけでなく、スキャンダルだらけのみだらな生活、悪評、インフルエンザによる28歳での悲劇的な早逝などの、興味深い人生で有名である。彼が亡くなったのは、妊娠していた妻が死亡した3日後、そして彼のキャリアの大半で無縁だった商業的成功の寸前のことであった。

クリムト作品との比較

これは、シーレの妹ゲルティを描いた多くの肖像画の一つである。ゲルティは、シーレの初期作品において好んで使われたモデルであり、家族の中でシーレと最も親しい人間でもあった。

ゲルティが十代だった頃に描かれたこの初期の肖像画は、彼の指導者であったクリムトの技法からの離脱と同じくらい、クリムト作品との間の強い関連を示している。この作品におけるゲルティの姿は、《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像》(1907年)のようなクリムト作品を連想させるものになっている。

しかしクリムトのものとは異なり、シーレは妹をあたかも粘土で表現したかのように静かで柔らかく、装飾的とは言えないものにしている。さらにシーレは、クリムトの輝く金色の優雅な色調を、より淡い色に置き換えた。これにより、成長ではなく腐敗を示唆する、乾燥したようなイメージを作り出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名ゲルティ・シーレの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1909年 - 1909年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ139.5cm
  • 横幅140.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ゲルティ・シーレの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。