作品概要

死と乙女》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1914年から1915年で、オーストリア・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

短いキャリアの中で驚くほど多作だったこの画家は、精神的かつエロティックな作品だけでなく、スキャンダルだらけのみだらな生活、悪評、インフルエンザによる28歳での悲劇的な早逝などの、興味深い人生で有名である。彼が亡くなったのは、妊娠していた妻が死亡した3日後、そして彼のキャリアの大半で無縁だった商業的成功の寸前のことであった。

真実の愛の死

この作品は、シーレの最も複雑で印象的な作品のひとつである。やせ衰え、ぼろをまとった女性が、荒廃した幻想的な風景の中、死んだ男性の姿に寄り添っている。彼の他の作品と同様、この作品でシーレは人間と寓意を組み合わせた。この場合は、15世紀のドイツ芸術でその高みに達した中世の様式である「死の舞踏」から派生した主題である。

この作品は、シーレが長年の恋人であるヴァリー・ノイツェルと別れ、新しい恋人エーディト・ハルムスと結婚する数ヶ月前に描かれた。この絵はノイツェルとの関係の終焉を描いており、二人の別れを「真実の愛の死」としているようである。

興味深いことに、シーレの姿が衣服や抽象的な背景に囲まれている様子は、クリムトの描写法を想起させる。クリムトは、はっきりとそれと理解できない背景下に人物を配して作品を描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名死と乙女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1914年 - 1915年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵オーストリア・ギャラリー (オーストリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ150cm
  • 横幅180cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 死と乙女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。