作品概要

女性の肖像》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1895年から1895年で、ピカソ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《女性の肖像》は、フランスの画家アンリ・ルソーによって1895年に制作された油彩画である。パリのピカソ美術館に所蔵されている。

「ルソーの夕べ」のきっかけ

この絵画は、ルソーに敬意を表してバトー・ラヴォアールで開催された1908年の有名な集まり「アンリ・ルソーの夕べ」で知られている。この会は、ピカソがこの肖像画を購入し、感銘を受けたことがきっかけで行われたのである。ピカソはこの絵をジャンクショップで見つけ、5フランで買ったのであった。

すぐに酔っぱらいのどんちゃん騒ぎとなった会の参加者たち、アポリネール、ジョルジュ・ブラック、マックス・ジャコブらは、ルソーが近代の並外れた解釈者であるというピカソの考えに同意していた。尚、この集まりはからかい半分で開催されたとの説もある。

図像解説

本作に描かれているのは、日常生活で使ういくつかのアイテムとともに、正面をこちらに向けた姿勢で立つ大柄な女性である。アイテムは、花瓶に活けられたパンジーなどの花、手に持ったおかしな枝、当時写真家がモデルの後ろに設置した天幕などである。これはこの絵が写真に触発されたものであるという仮説を導く。

ルソーの他の1890年以降の作品のように、絵の具はキャンバスを支配する黒色の「筆使い」というよりも「平面」として塗られている。家の中の環境で強調された「現実的」な主題であるにもかかわらず、雰囲気は不動で不気味であり、シュルレアリスムの技術的、形象描写的な技法のいくつかの予兆であるかのように、光と影両方の描写が欠けている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名女性の肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1895年 - 1895年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ピカソ美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ160cm
  • 横幅150cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 女性の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。