作品概要

馬を襲うジャガー》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1910年から1910年で、プーシキン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ジャングルの画家

ルソーと他の画家たちとの違いは、ナイーヴ、またはプリミティブ(原始的)な画家という称号を授かるような、子供のように豊かな想像力であった。彼は本、自然、動物園の動物などをインスピレーションの源とし、それらを驚くべき想像力と創造性で組み合わせた。

ルソーの作品について最も皮肉なことは、彼がフランスの外に出たことがなく、ジャングルを見たことがなかったことである。ルソーは、彼を先駆者と見なすシュルレアリストたちから非常に尊敬された。

図像解説

ややグロテスクな場面が描かれている。他の多くの作品のように、花や鮮やかな色はほとんどなく、葉がこすれ合うような植物で画面全体が覆われている。一部の花やジャガーのオレンジ色、馬の灰白色は、緑で単調となった画面のアクセントとなっている。

ルソーが、本作を購入した美術商アンブロワーズ・ヴォラール宛ての手紙の中で「馬とライオンの戦い」を描いたと書いていることからもわかるが、馬を攻撃している平べったい後ろ姿のジャガーは、おそらく最初の段階ではライオンであったと思われる。二頭の動物は、絡み合っている周囲の大きすぎる植物とは調和していない。

冷たい抽象

作品全体を貫いている感覚は、冷たい抽象(幾何学的抽象)と非現実的な場面である。画家ロベール・ドローネーは、1920年に次のように書いている。

「ルソーは現代美術の先駆けとなった巨匠たちと並ぶ存在である。/彼にとって絵画は、造形的要素で構成された彼の考えを投影する表層であった」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名馬を襲うジャガー
  • 制作年1910年-1910年
  • 製作国フランス
  • 所蔵プーシキン美術館 (ロシア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ90cm
  • 横幅116cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 馬を襲うジャガーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。

    1. せいな

      寸法はどれくらいですか?

    2. MUSEY編集部

      >せいなさま
      記事下部にありますが90cm×116cmです。どうぞよろしくお願いします。