作品概要

猿のいる熱帯林》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1910年から1910年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《猿のいる熱帯林》は、フランスの画家アンリ・ルソーによって1910年に制作された油彩画である。ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

この作品は、ルソーの生涯の最後の数ヶ月の間で描かれた。彼の代表的な作風である異国の風景、熱帯の未開のジャングルを描いたものである。

図像解説

ルソー作品に描かれた動物の多くは、人間の顔や性質を持っている。この絵の中央にいる猿は、細いひもを垂らしている緑色の棒を持っている。これは釣りという人間の娯楽活動をほのめかしており、猿の人間らしさを強調している。この意味で、ルソーの擬人化された霊長類は、真の野生動物ではなく、むしろパリの「ジャングル」や日々の生活の単調さからの逃避として描かれている。

植民地の拡大と大規模な探検の時代、ポピュラーな出版物はジャングルでくつろぐ西洋人のイメージで満ちていた。たとえば、ルソーはアトリエに、百貨店のギャラリー・ラファイエットが出版した野生動物の写真集を保管していた。

平坦化されたシンプルな画面

ルソーの技法の最も印象的な側面の1つは、主題の平坦化である。同時代の印象派画家に共鳴するか、それとも単に自分のビジョンに従うのかにかかわらず、劇場の舞台装置であるかのように、巨大な葉や花びらの輪郭は最小限である。さらに、彼の描く生き物は、触感的な形よりも輪郭としてそれぞれを識別する超然ぶりによって、意図的に抑圧されたように見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名猿のいる熱帯林
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1910年 - 1910年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ129.5cm
  • 横幅162.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 猿のいる熱帯林の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。

    匿名 にコメントする コメントをキャンセル

    1. 匿名

    2. PP

      この絵、私(わたくし)はこう見る。