作品概要

断崖》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1895?年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

独学の画家

アンリ・ルソーは、パリの税関職員を退職後、49歳で専業画家になった。彼の有名なニックネーム「ル・ドゥアニエ(le Douanier)」は、税関の職員であったことが由来となっている。ウィリアム・アドルフ・ブーグローや、ジャン・レオン・ジェロームなどの画家を賞賛していたが、独学で絵を学んだルソーは典型的なナイーブな画家となった。

彼の素人的な技法と珍しい作品の数々は当時の批評家に嘲笑されたが、パブロ・ピカソやワシリー・カンディンスキーのような現代的な画家は、ルソー作品を「シンプルさの新しい可能性」と称して賞賛した。

影響を受けた作品

本作の主題となっているノルマンディー海岸の断崖は、パリを出ることがめったになかったルソーにとって珍しいモチーフである。彼はおそらく、クロード・モネの《プールヴィルの断崖》、《帆船と断崖》や、ギュスターヴ・クールベの《波》などの絵画を参考に本作を描いたと思われる。無名の画家たちによる、ノルマンディー海岸の崖を描いた無数の絵画の一つからインスピレーションを得た可能性もある。

ルソーはおそらくいくつかの情報源を組み合わせて、彼自身のアイデアに従ってこの風景を再構成した。

描写技法

岩の構造と海の表現は非常に単純化され、最低限のものとなっている。ルソーはこの風景に、漁師と大きな帆船を加えた。

興味深い点は、ルソーがモチーフを捕らえる方法にある。彼は民俗芸術の絵画技法に触発された。それは、ジャン・レオン・ジェロームが彼の素朴さを保つために与えたアドバイスに従う方法であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名断崖
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1895?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ21cm
  • 横幅35cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 断崖の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。