作品概要

トラに襲われる斥候》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1904年から1904年で、バーンズ・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《トラに襲われる斥候》は、フランスの画家アンリ・ルソーによって1904年に制作された油彩画である。アメリカ・ペンシルベニア州にあるバーンズ・コレクションに所蔵されている。

ジャングルの画家

ルソーと他の画家たちとの違いは、ナイーヴ、またはプリミティブ(原始的)な画家という称号を授かるような、子供のように豊かな想像力であった。彼は本、自然、動物園の動物などをインスピレーションの源とし、それらを驚くべき想像力と創造性で組み合わせた。

ルソーは過去や現在の芸術の動きには従わず、影響を受けることはなかった。ルソーの作品は彼の存在と同じくらいにユニークで個人的なものであり、その想像力は一つに結実した。

ルソーの作品について最も皮肉なことは、彼がフランスの外に出たことがなく、ジャングルを見たことがなかったことである。ルソーは、彼を先駆者と見なすシュルレアリストたちから非常に尊敬された。

図像解説

ジャングルの中、馬に乗った斥候が、トラの襲撃を受けている。異国の動物や孤独で魅力的な人物を配したこの野生のジャングルの風景は、活気にあふれた色彩と構造、はっきりとした形、並外れた並置によって非常に印象的なものとなっている。

ジャングル、動物、植物の描写は、ルソーの素晴らしい芸術の主題やモチーフに再現され、彼の作品の重要かつ支配的な特徴となっている。それぞれのイメージは、謎や超自然の感覚の中から輝きを放っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名トラに襲われる斥候
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1904年 - 1904年
  • 製作国フランス
  • 所蔵バーンズ・コレクション (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ121.6cm
  • 横幅161.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • トラに襲われる斥候の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。