作品概要

ノートルダム聖堂》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1909年から1909年で、フィリップス・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

独学の画家

アンリ・ルソーは、パリの税関職員を退職後、49歳で専業画家になった。彼の有名なニックネーム「ル・ドゥアニエ(le Douanier)」は、税関の職員であったことが由来となっている。ウィリアム・アドルフ・ブーグローや、ジャン・レオン・ジェロームなどの画家を賞賛していたが、独学で絵を学んだルソーは典型的なナイーブな画家となった。

図像解説

この作品では、アンリ・ルソーの画家として、フランス人としての視点や、パリに対する愛を描き出しているようである。

ステッキを持った黒い人物は、画家自身の縮小画である可能性がある。絵画は静かな郷愁を醸し出している。

サント・シャペルの尖塔やノートルダム聖堂は、穏やかで陰鬱な光で満たされており、黒い人物はうっすらとそれらを見ているようである。

メランコリーな雰囲気

シンプルな構成と鮮やかな色調は、ルソーの後期作品に見られる純化であり、彼が賞賛したコローの作品を想起させるものがある。

ノートルダム聖堂はルソーがによるスケッチや写真に基づいていたかもしれないが、おそらくパリのふ頭を歩き回った日々の記憶に頼ったものであり、詩的なビジョンを通して場面を抽出した結果、この夢のような、時を越えた雰囲気の絵画が生み出されたのであろう。

ルソーの初期の支持者は、その雰囲気を「平底荷船のマストとノートルダム聖堂の尖塔が、川を挟んで対話をしているようなメランコリー」であると表現した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名ノートルダム聖堂
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1909年 - 1909年
  • 製作国フランス
  • 所蔵フィリップス・コレクション (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ32.7cm
  • 横幅41cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ノートルダム聖堂の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。