作品概要

釣り人たちと飛行機》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1909年から1909年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《釣り人たちと飛行機》は、フランスの画家アンリ・ルソーによって1909年に制作された油彩画である。オランジュリー美術館に所蔵されている。

ルソーは一般の人々の余暇を描くことを好んだ。この作品で釣り人たちの頭上を飛んでいる飛行機は、背景の工場の煙突と同様に、現代的な性質を作品内に導入している。

制作の背景

ルソーは飛行船や飛行機を幾度か描いており、現代性を描き出すパイオニアとなった。このテーマは、ルソーの作品を大いに賞賛した画家ロベール・ドローネー(1885-1941)によって広く取り上げられた。空の征服、時代の大きな挑戦は、当時の報道機関において主要な話題であった。

この飛行機は、弟のオリバーと共に1908年にル・マンからの公開飛行を行ったアメリカのパイオニア、ウィルバー・ライトによる複葉機である。その際の画像は、1908年12月27日の「プチ・ジュナール・イリュストル・ド・ラ・ジュネス」、および1909年9月5日の「ル・プチ・ジュナール」に掲載された。

図像解説

この作品でもまた、ルソーは実世界においては奇妙な要素を導入している。川岸、あるいは黄土色の滑走路は、家と釣り人たちのいる空間を分けている。それは絵の右側に傾いており、正面に描かれた家は、地面のカーブに沿って奇妙な空間に建ち並んでいる。同様に、足が切り取られた釣り人たちは、水の上に置かれているように見えるか、むしろ滑走路に張り付けられているようである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名釣り人たちと飛行機
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1909年 - 1909年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ46cm
  • 横幅55cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 釣り人たちと飛行機の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。