作品概要

ジュニエ爺さんの馬車》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1908年から1908年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ジュニエ爺さんの馬車》は、フランスの画家アンリ・ルソーによって1908年に制作された油彩画である。オランジュリー美術館に所蔵されている。

制作の背景

「ジュニエ爺さん」は、毎朝市場で買った野菜を、バニューやヴェリエール=ル=ビュイッソンで売っていた。彼はルソーの長年の友人であり、彼の妻はルソーのために食事を作っていた。ルソーはジュニエ氏に借金があった。その頃ジュニエ氏は馬を買ったばかりでそれを非常に誇りに思っていたため、ルソーはジュニエ氏への詫びの印としてこの作品を描いた。

写真をもとにした作品

ルソーは写真を元にして本作に取り組んだ。しかし、彼は創造的なプロセスを明らかにするいくつかの重要な変更を行った。大通りの木を省き、三匹の犬の大きさや位置を変更した。これらには視覚的な機能がある。太った黒い犬は馬車に深みを与えている。マックス・ウェーバーがルソーに対して、黒い犬が絵の全体のスケールに比べて大きすぎるとコメントしたとき、ルソーは「絵がそれを要求した」と言い返した。

空間的パラドックス

一方、馬車の前を歩く小さな犬は、馬をとても大きく見せている。犬は馬のひづめの先端に奇妙に立っており​、地面に伸びる影を強調している。四本足の踊り子のようなこの馬は、ほぼ空中に浮遊しているようにも見える。ルソーは、純粋に絵画空間に複数のキャラクターを漂わせる、この種の空間的なパラドックスを非常に好んでいた。

ジュニエ氏以外の馬車の乗客は、ビザンチン美術の肖像画のように、真正面から描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名ジュニエ爺さんの馬車
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1908年 - 1908年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ97cm
  • 横幅129cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジュニエ爺さんの馬車の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。