作品概要

アルフォールヴィルの椅子工場》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1897年から1897年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

独学の画家

アンリ・ルソーは、パリの税関職員を退職後、49歳で専業画家になった。彼の有名なニックネーム「ル・ドゥアニエ(le Douanier)」は、税関の職員であったことが由来となっている。ウィリアム・アドルフ・ブーグローや、ジャン・レオン・ジェロームなどの画家を賞賛していたが、独学で絵を学んだルソーは、典型的なナイーブな画家となった。

彼の素人的な技法と珍しい作品の数々は当時の批評家に嘲笑されたが、パブロ・ピカソやワシリー・カンディンスキーのような現代的な画家は、ルソー作品を「シンプルさの新しい可能性」と称して賞賛した。

図像解説

パリの南東に位置するアルフォールヴィルの椅子工場を描いた風景画である。とても珍しいという理由で興味を持った建物を選び、作品の焦点にしている。建物は、風景の残りの部分、特に人物と比べて大きすぎる。これらは、画面内の単純な句読点として機能するようである。

ルソーは、しばしば風景画にこのようなスケールの歪みを持たせた。中世の芸術家が使用したのと同様の手法を用いて、ルソーは絵画の中で彼にとって重要なことを強調しているのである。

描写など

椅子工場の建物は、道路とセーヌ川岸の非常に釣り合いの取れたカーブを相殺する、非常に堅い線で描かれている。なにげない風景を描いたこの作品は、ルソーが描いたパリ郊外の絵画の中では非常に珍しい大規模なものである。この作品は、おそらく1897年にアンデパンダン展に出展された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名アルフォールヴィルの椅子工場
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1897年 - 1897年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ73cm
  • 横幅92cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アルフォールヴィルの椅子工場の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。