作品概要

人形を持つ子供》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1892年から1892年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《人形を持つ子供》は、フランスの画家アンリ・ルソーによって1892年に制作された油彩画である。オランジュリー美術館に所蔵されている。

図像解説

鑑賞者をまっすぐに見据える子供は、どこか不穏な人物として現れている。彼女の特徴に子どもらしいものは見られない。体は巨大で、不釣合に見える。奇妙なことに草の中に消えていく脚は、彼女の腕、特にポピュラーな紙製の人形を持っている右腕に比べるととても巨大である。

体は “エジプト様式”で表現され、身体の上部は顔の正面、脚は側面から描かれている。子供が着ている赤い服の白い水玉模様は、人物の平面性を強調しており、文字通り背景に貼り付けられているようである。

描写など

景観は、ほぼ均一に青い空と、中世のタペストリーに似た花が点在する牧草地など、最低限にしか描かれていない。しかし、ルソーは遠くの草を暗くし、デイジーのサイズを小さくすることによって、わずかな遠近感の印象を作り出している。子供の太ももの下の陰影は、中世の装飾写本を想起させる。

ルソーは、あらゆるジャンルの原始主義に魅了された時代に、フランスとイタリアの「未開」の美学を再発見した。同時代人を魅了したルソーの芸術的側面は、画家アンドレ・ロートに次のように書かせた。「中世なら、彼は大衆を喜ばせただろうに」

また、美術評論家アルセーヌ・アレクサンドルは、ルソーを「19世紀のパオロ・ウッチェロ」と称した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名人形を持つ子供
  • 制作年1892年-1892年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ67cm
  • 横幅52cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 人形を持つ子供の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。