作品概要

ライオンの食事》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1907?年から1907?年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

独学の画家

アンリ・ルソーは、パリの税関職員を退職後、49歳で専業画家になった。彼の有名なニックネーム「ル・ドゥアニエ(le Douanier)」は、税関の職員であったことが由来となっている。ウィリアム・アドルフ・ブーグローや、ジャン・レオン・ジェロームなどの画家を賞賛していたが、独学で絵を学んだルソーは典型的なナイーブな画家となった。

彼の素人的な技法と珍しい作品の数々は当時の批評家に嘲笑されたが、パブロ・ピカソやワシリー・カンディンスキーのような現代的な画家は、ルソー作品を「シンプルさの新しい可能性」と称して賞賛した。ルソーの最も有名な作品群は、パリの植物園や動物園へ頻繁に足を運んだことによってインスピレーションを受けた、青々としたジャングルを描いたものである。

図像解説

ルソーの初めての展覧会は42歳のとき、1886年にパリで開催された。ジャングルにおける想像上の場面を描き始めたのは1891年のことである。

このジャガーをむさぼるライオンを描いた作品《ライオンの食事》は、1907年のサロン・ドートンヌ展で展示された。画家のユニークな視点、デザインと色の直感的な感覚、明確で豊富な細部描写が、この神秘的でエキゾチックな世界を本物にするために組み合わされている。

植生は、パリ植物園での観察から描かれたものだが、原住民や動物の姿が小さく見えるような森林を描き出すため、実際の大きさは無視されている。また、ルソーの描く動物は、娘の絵本に載っていた写真に基づいている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名ライオンの食事
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1907?年 - 1907?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ113.7cm
  • 横幅160cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ライオンの食事の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。