作品概要

蛇使いの女》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1907年から1907年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

制作の背景

この絵は、画家ロベール・ドローネーの母親によって依頼され、制作された。ルソーは、彼女が話したインドでの経験を聞き、この作品の主題を決めたと思われる。

ルソーが独学で絵を描き始めたのは、税関を退職後、人生の後半においてであった。彼はほとんど旅行をしなかった。ジャングルを描いた作品のほとんどは、自然史博物館とパリ植物園の大きな温室で描かれた。ルソーは、レーモン・ルーセルの著書「アフリカの印象」のように、パリにいながらエキゾチックな夢を心の中で育んだ。

図像解説

人間の姿や動物、奇妙な植生はすべて、丹精込めて念入りに描かれている。この女性の蛇使いは野生の自然を魅了し、むしろ奇妙な沈黙の中でその場にくぎ付けにしている。蛇に囲まれ、輝く目を除いて影に覆われている蛇使いの神秘的な姿は、野生動物と見紛うほどである。

ルソーの絵画全体を通した特徴である奇妙な静けさは、本作においては特に効果的であり、笛の音色が世界を恍惚とさせるような雰囲気を思わせる。非対称の構成や逆光、明るい色の使用など、様々な形式上の要素は、シュルレアリスムの画家ルネ・マグリットの作品を予感させるものがある。

作品の新しさ

ルソーはかつてピカソにこう述べている。

「基本的に君はエジプトのスタイルで、私は現代的なスタイルでやっているんだ」

この発言は意外であり、ややおかしく聞こえるかもしれないが、この作品に関するすべては新しいものである。何よりも、創世記の蛇のような恐ろしい蛇を魅了する、不穏なエデンの園の黒いイヴという主題は、とても魅惑的である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名蛇使いの女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1907年 - 1907年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ169cm
  • 横幅189.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 蛇使いの女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。