作品概要

ヤコブとラバンと彼の娘たち》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1676年から1676年で、ダリッジ・ピクチャー・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヤコブとラバンと彼の娘たち》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1676年、イタリアにて作成した油彩画作品である。

現在、この作品はイギリスのロンドン南部にあるダリッジ・ピクチャー・ギャラリーにて所蔵されている。

作品の物語について

《ヤコブとラバンと彼の娘たち》は聖書の創世記にて語られている、ヤコブがラバンの娘と結婚するストーリーを元として描かれている作品である。ロランが描いたのはラバンが愛しいレイチェルを手放す前、ヤコブにもう七年の労働を交渉している場面である。

ヤコブはラバンの娘であるレイチェルと結婚する許可を貰う為、叔父であるラバンの羊飼いとして働くことを約束していた。しかし、ラバンはヤコブを欺き、結婚式の際、レイチェルではなく、ラバンの長女であるレアを花嫁として偽装し、ヤコブと結婚させようとした。

ロランが風景画を描いていた17世紀の頃、風景画のジャンルはそれ程重視されていなかった。そのため、目的の一つとしてロランは聖書、または神話から来る物語をテーマとし、自分の作品に多くの威信を与えようとした。また、それらの物語を引用する事によって、ロランは詩的なアイデアの表現を徐々に習得していき、より熟練したスキルで風景画を作成できるようになった。

作品のスタイルについて

物語自身のドラマ的な展開にも関わらず、ロランは静かな青い空を描くことによって、自然で調和された風景を見事に描き出している。ロランは青、緑、黄色、そして、紫色の混じった薄い銀色を使うことによって図面に描かれた風景に広大な印象を与えた。

しかし、残念ながらロランの描いた作品達は、《ヤコブとラバンと彼の娘たち》と同様に、白化という名の化学的劣化に特に影響されやすく、作成当初の色味を完全に再現することは出来ない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名ヤコブとラバンと彼の娘たち
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1676年 - 1676年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ダリッジ・ピクチャー・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩画
  • 高さ72cm
  • 横幅94.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヤコブとラバンと彼の娘たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。