作品概要

セーブルへの道の眺め》は、画家のアルフレッド・シスレーによって制作された作品。制作年は1873年から1873年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アルフレッド・シスレーはクロード・モネと共に真の意味で印象派の最も代表的な画家である。彼の風景画はその大半が極めて繊細で優美であり、近代的な表現法で描かれていることで彼のキャンバスはとても明るく澄んでいるのである。

1871~1874年はシスレーが多くの作品を残した期間であり、その作品のクオリティーは最高である。パリの近くに住んでいた彼は、特にイル=ド=フランス地域圏(フランスの首都パリ郊外を中心とした地域圏)とセーヌ川谷を描いた。彼は順にルーヴシエンヌ、ヴォワザン、マルリー=ル=ロワおよびムードンを描いた。

カミーユ・コローの影響

シスレーはセーヌ川に隣接する村に惹かれていた。彼は川とその緑の土手の私的な美しさを捉える方法を知っていた。

木々に縁どられた遠くへと消えていく道路は彼がいつも喜んで描いた題材である。この題材は、シスレーの前にカミーユ・コローが描いている。特に本作品は良い例の1つで、コローの影響が顕著であり、風景画の新しいアイデアにきれいな素晴らしいハーモニーで結び付いている。

秋の木々の列を伴い、遠くへと消えていき、純度の高い陽気な空の下に広がるこのシンプルな道路は、モネの影響を受けてからは1885年ごろから、シスレーの風景がで見られなくなっている。

消えていく道路の効果

消えていく道路は前景と背景を効果的につなげており、遠近法の興味深い効果をもたらしている。本作品では、3次元空間の錯覚が遠くへと延びる木々の列によって強く維持されており、これが作品にリズムを与え、奥行きの印象を強めている。

また、シスレーは道路の表面を少し高く描くことにより消失点をより興味深くしている。また、作品に小さく数人の人物を描くことにより、風景画に暖かさを与えている。

基本情報・編集情報

  • 画家アルフレッド・シスレー
  • 作品名セーブルへの道の眺め
  • 制作年1873年-1873年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ54cm
  • 横幅73cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • セーブルへの道の眺めの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。