作品概要

》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1910年から1910年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ルソー最後の作品

《夢》は、1910年にアンリ・ルソーが制作した大きな油彩画である。本作のようにジャングルを主題としたルソー作品は、25作以上存在する。彼の最後の完成作品である本作は、1910年9月2日に死去する数ヶ月前の3月18日から5月1日まで、アンデパンダン展で初めて展示された。ルソーの初期の作品は世間に受け入れられなかったが、詩人であり批評家のギヨーム・アポリネールはルソーのデビューについて以下のように述べている。

「絵画は美しさを放っており、それは疑う余地がない。私は、今年はもう誰も笑わないだろうと信じている」

図像解説

本作はジャングルを描いた絵画の中で最大のもので、204.5センチ×298.5cmもある。これはルソーの若い頃のポーランド人の愛人ヤドヴィガの幻想的な肖像画となっている。彼女は画面の左端でソファーに横たわり、蓮の花や、鳥、サル、象、ライオン、蛇などの動物と、青々としたジャングルの景色を眺めている。ジャングルの植物の様式化された形は、パリの自然史博物館とパリ植物園での観察に基づいている。

ヌードの左腕は、ライオンと、満月の光の下でジャングルの闇に溶け込んでほとんどその姿が見えない、こちらを向いて笛を吹く黒い蛇使いに向かっている。下草を這うピンク色の腹をした蛇は、女性の尻と脚のカーブを反映したゆるやかな形をしている。

添えられた詩

ルソーは絵を理解できない人のために、本作に添える次のような詩を書いている。

「美しい夢の中でヤドヴィガは、優しく眠りにつき、
 善意の[蛇]使いが奏でる笛の音を聞く。
 月が川(または花)、青々とした木々に映ると、
 野生の蛇が楽器の楽しい音に耳を貸す。」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1910年 - 1910年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ204.5cm
  • 横幅298.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夢の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。