作品概要

眠れるジプシー女》は、画家のアンリ・ルソーによって制作された作品。制作年は1897年から1897年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

図像解説

この絵画は、多くの人が虚構であると断言したルソーの通常の主題からは逸脱している。場面は月夜の砂漠である。マンダリンと壺のそばで眠っている女性のジプシーは、驚くことに、好奇心旺盛なライオンには傷つけられておらず、当惑した様子も見られない。

シーンの不自然さは、不安定な傾斜面と、まるで鑑賞者の眼下にいるようなライオンとジプシーによって強調されている。ジプシーは東洋風の衣装を着ているが、絵画全体の雰囲気は1880年代半ばに翻訳が始まったアラビアンナイトの物語を想起させる。

ルソーによる説明

ルソーは自らの故郷ラヴァル市に作品を売ろうとし、ラヴァル市長に次のような説明を送った。

「放浪しているマンダリン奏者の黒人娘は、深く疲れて壺(水を飲む容器である)の傍で眠っている。通りがかったライオンが彼女の匂いを嗅ぐが、食べることはしない。それは詩的な月光の影響である」

結果的に市長に作品を売ることはできず、パリの木炭商人の個人コレクションとなった。その後1924年に美術評論家ルイ・ヴォークセルによって発見され、最終的にニューヨーク近代美術館の所蔵となった。

象徴的な作品

不気味で瞑想的な美しさ、および動物と人間の世界の調和という印象により、この作品は象徴的な地位を得た。本作はこれまで様々な画家によって一部を変更されたり、パロディーを制作されたりしている。その中で、ライオンはしばしば犬や他の動物に取って代わられている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ルソー
  • 作品名眠れるジプシー女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1897年 - 1897年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ129.5cm
  • 横幅200.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 眠れるジプシー女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。