作品概要

大いなる風景》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は不明年から不明年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《大いなる風景》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)がイタリアにて作成した版画作品である。この作品の制作開始年及び終了年については不明である。

現在、この作品はフランスのパリにあるルーヴル美術館にて所蔵されている。

作品のスタイルについて

《大いなる風景》の真ん中には3本の大きな木が描かれており、木々の陰は川の近くの谷にある羊飼いの群に投げかけられている。絵の左側には一人の羊飼いが描かれており、彼は羊と牛を見守っている。この絵には牧歌的な静けさが漂っており、その雰囲気は背景の高い山々によって強調されている。

この作品はロランが描く秩序ある、平和な世界を完璧に表現した一枚である。ロランは人と動物が晴天の下、美しい田舎で働くことなく一緒に住む環境を自分の理想なる平和な世界としている。このような世界観は「理想」または「アルカディアン」と呼ばれており、しばし黄金時代の神話と関連している。

しかし、ロランは同じくアルカディアンを追求する他の芸術家達と違い、アルカディアンの枠に囚われず、自分なりの表現を作品にて取り入れている。また、彼は悲劇を元にした作品を滅多にしか描かない。

作品の作風について

1640年からロランは、実際の風景を写生するのではなく、予備として描いたスケッチたちを再利用して作品を作成するようになった。彼が描いた複合的な風景画内では様々な人物や要素が取り入れられ、田舎の農民、そして神話や聖書にて登場する人物は多く引用されている。しかし、どのような人物が作品内に登場していても、ロランの作品は風景自体を中心として描かれている。

この作品も一見現存する風景を忠実に再現するというよりも、フリースタイルで描かれた作品に見えるが、実際にロランは、細部まで注意を払い、比較的限られた空間内にてより丁寧な作品を描こうと試みている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名大いなる風景
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明年 - 不明年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類版画
  • 高さ28.1cm
  • 横幅41.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 大いなる風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。