作品概要

サノワの風車》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

画家の生い立ち

芸術は、モーリス・ユトリロにとって、パリのボヘミアンの隠れ家・モンマルトル地区での誕生の瞬間から、彼の中に吹き込まれた生き方であった。彼の母親は、市内で最も人気のある美術モデルの一人であり、ピエール・オーギュスト・ルノワール、エドガー・ドガ、ベルト・モリゾ、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックなどが好んで描いたシュザンヌ・ヴァラドンだった。自由な精神の持ち主であった母親の職業は、ユトリロを早い時期からアヴァンギャルドに触れさせることになった。

彼は問題の多い若者に成長し、21歳になる頃にはアルコール依存症や精神病で深く苦しんでいた。気分転換のため、ヴァラドンは息子に絵を描くよう勧めた。ユトリロはすぐにパリ、特に出身地であるモンマルトルのユニークな風景画を描き、人気を得た。

制作の背景

1912年の春、ユトリロはパリの郊外にあるサノワのサナトリウムに入所し、アルコール依存症の治療に臨んだ。夏の終わりまで滞在し、1914年に退院した。サナトリウム生活では外で絵を描くことが許され、村を描いた多くの作品を制作した。ユトリロは特に古い風車に魅了された。彼はその後、モンマルトルのダンスホール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」の風車を多く作品に描いた。

図像解説

この作品は、画家が一生を通して頻繁に描いたサノワの風車を描いた多くのバージョンの、最初期のものである。周囲の風景や村の建物を見下ろし、絵の構造的な軸を作り出している、場面のほぼ中央に位置する風車が構図を支配している。風車を描いたその後の作品ではたびたび本作と同様の構図を使用したが、多くのバリエーションを作り出しもした。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名サノワの風車
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1912年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、厚紙
  • 高さ53.7cm
  • 横幅73cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • サノワの風車の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。