作品概要

サン=ティレールの教会》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1911?年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サン=ティレールの教会》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1911年頃に制作された油彩画である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

主題

フランスの中心部にあるサン=ティレール=アン=リニェールの教会は、スレート屋根と興味深い地下室を持つロマネスク様式の教会である。アプス(半円形のドーム部分)、内陣、交差廊は12世紀のもので、歴史的建造物に分類されているが、教会堂や時計塔は16世紀に復元されたものである。

病気に苦しんだ画家

1909年には、アルコール依存症が画家の健康を深刻なまでに脅かしていた。うつ病と相まって、病気の影響は彼をサナトリウムに頻繁に追いやることとなった。入院していないときは、アトリエにおいてもホテルの部屋においても家族の監視下にあった。いずれにせよ、彼は外に出て絵を描くことはできなかった。

彼の母親と義理の父(シュザンヌ・ヴァラドンの二番目の夫)は、苦しみを和らげる絵画制作を続けることができるよう、絵葉書を彼に与えた。絵葉書に基づいて絵を描くことは、ユトリロの標準的な絵画制作の手法となっていった。

描写

この絵は、まったく同じ視点で教会を示している絵葉書から描かれたようだが、画面の左右と上部が縮められている。ユトリロは、教会そのものを示すイメージの中央部分に集中しているだけでなく、構成のバランスを取るために右側に木を、十字架の後ろ、中央にも小さな木を描いた。隅石や手すりなどの細部は省かれた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名サン=ティレールの教会
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1911?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、厚紙
  • 高さ50.2cm
  • 横幅65.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • サン=ティレールの教会の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。