作品概要

サクレ・クールとサン・リュスティック通り》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1927年から1927年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サクレ・クールとサン・リュスティック通り》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1927年に制作された油彩画である。ボストン美術館に所蔵されている。

主題

サクレ・クール寺院は、ユトリロがよく描いた主題である。異なった角度や季節で描かれたが、ユトリロは特に冬のバジリカ大聖堂を描くことを好んだ。周囲の建物ははっきりとした線で囲まれているが、大聖堂の輪郭はそうではない。これは大聖堂に特別な明るさを与え、まるで空に浮いているように見せている。ユトリロ作品には、印象派固有の要素が見られるが、何よりも彼が感心を寄せたのは、光と色の描写ではなく、写実的な構成要素、主題の濃密さであった。

描写など

この絵は、ユトリロのいわゆる「色の時代」絶頂期に描かれた。彼は、色の技術とともに明るい色調を習得し、明るいシャッター、暖かな秋色の葉、衣類などの色のアクセントを巧みに配置した。この時期、ユトリロは基本的に女性の人物を描くことを好み、その丸みのある形状を図式的に描写した。本作では、4人の女性と1人の男性という5人の登場人物が見られる。

ユトリロの描く「道」から感じるもの

ユトリロはこの作品で、狭く曲がりくねった道が距離と共に細くなっていくことで空間的な深みを描写するという、彼の良く好んだ技術を使用している。

伝統的に、ユトリロの描く道の雰囲気は、孤独や不穏と定義される彼特有の記号となった。この作品はとても静かで落ち着いており、軽い感じさえする。しかし感じ方は鑑賞者個々の問題であり、そう望むのであれば、本作に孤独の感情を感じることもできるだろう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名サクレ・クールとサン・リュスティック通り
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1927年 - 1927年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ49.8cm
  • 横幅61cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • サクレ・クールとサン・リュスティック通りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。

    1. 匿名

      60年代のシトロエンのデザインが良く理解出来た。