作品概要

木々の下で》は、画家のエドゥアール・ヴュイヤールによって制作された作品。制作年は1894年から1894年で、クリーブランド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《木々の下で》は、19世紀から20世紀のフランスの画家でナビ派のひとりにかぞえられるエドゥアール・ヴュイヤール(1868-1940)によって1894年に制作された油彩画である。本作は、公園の日常的な風景が描かれた連作絵画のうちの1枚である。このシリーズは、泥絵具(デトランプ、テンペラの一種)を用いて制作されている。

影響を受けた画法

本作は、もともとは《公園》と題された9枚1組のパネルの一枚だ。(現在9枚のうち5枚がフランスのオルセー美術館に所蔵されている)アレクサンドル・ナタンソンからパリの高級住宅街にある自宅のリビング・ルームを飾る装飾パネルを依頼された。簡素化され、平面化した図柄から日本の浮世絵の影響もうかがえる。

また、《木々の下で》を含む《公園》は、クロード・モネとピュヴィス・ド・シャヴァンヌの影響を受けているのは明らかだ。モネからは明るい色彩の使いかたや、日光のなかでどう自然をとらえ、捉えたものをいかに記録するかといった方法を学んだ。また、シャヴァンヌからは、単なる自然描写にとどまらず、美的情趣をつくり、作為的な意図を盛りこむ方法を吸収している。

背景

19世紀のほとんどの画家たちは、顧客の意志や要求に迎合することなく、作品を創作した。

だがナビ派の画家たちは、ステンド・グラス、タピスリー、劇場の舞台装置などをすすんで手がけ、装飾画家と呼ばれるのを嬉々としていたようである。だからこそ、彼らはナタンソン家のような芸術庇護者と親密なつながりが築けたのだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドゥアール・ヴュイヤール
  • 作品名木々の下で
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1894年 - 1894年
  • 製作国フランス
  • 所蔵クリーブランド美術館 (アメリカ)
  • 種類泥絵具
  • 高さ229.9cm
  • 横幅113cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 木々の下での感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。