作品概要

黄金の子牛の礼拝(1653年)》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1653年から1653年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《黄金の子牛の礼拝》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1653年頃、イタリアにて作成した版画作品である。

現在、この作品はフランスのパリにあるルーヴル美術館にて所蔵されている。ロランは《黄金の子牛の礼拝》をタイトルとした作品を何枚も描いており、1660年にて作成された同名のもう一枚の絵はイギリスのマンチェスター市立美術館にて保管されている。

作品の物語について

《黄金の子牛の礼拝》は旧約聖書から引用した物語をベースとして作成された作品である。

古代イスラエルの民族指導者と言い伝えられているモーセはシナイ山で神から十戒を授け、故郷に帰る。しかし、故郷の人々は彼の帰りを待つ間、既にモーセの兄弟であるアロンが作成した黄金の子牛を神として崇めていた。モーセはその光景を目の当たりし、怒りに震え、十戒を地面に投げつけて壊してしまう。

《黄金の子牛の礼拝》は、ロランの作成したもう一枚の作品、《ヤコブとラバンと彼の娘たち》と共に不誠実と欺瞞を主題とし作成されている。

作品のスタイルについて

この作品の右側には木々が描かれており、黄金の子牛を崇める人々は木の陰に隠れ、小さな祭壇と一人の祭司を囲んでいる。中央には、若いイスラエルの女性たちが手を取り合いながらダンスをしている光景が見当たり、左側には丈夫な木々の群落と高い岩山が描かれている。

ロランは《黄金の子牛の礼拝》を非常に重視しており、この作品に手を付けるまでは、同じ構図の絵を何枚も描いていた。しかし、以前に描いた二枚の絵は両方とも他のアーティストの構図を参考し、そのまま自分の作品に採用している。ロランはルーヴル美術館に所蔵されているこの一枚だけに、自分オリジナルの縦長比率と構図を採用した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名黄金の子牛の礼拝(1653年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1653年 - 1653年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類版画
  • 高さ20.6cm
  • 横幅38.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黄金の子牛の礼拝(1653年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。