作品概要

ピュトーへの道》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1913年から1914年で、ディクソン・ギャラリー&ガーデンズに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ピュトーへの道》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1913年から1914年にかけて制作された油彩画である。アメリカ・テネシー州のディクソン・ギャラリー&ガーデンズに所蔵されている。

画家の生い立ち

芸術は、モーリス・ユトリロにとって、パリのボヘミアンの隠れ家・モンマルトル地区での誕生の瞬間から、彼の中に吹き込まれた生き方であった。彼の母親は、市内で最も人気のある美術モデルの一人であり、ピエール・オーギュスト・ルノワール、エドガー・ドガ、ベルト・モリゾ、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックなどが好んで描いた女性、シュザンヌ・ヴァラドンだった。ヴァラドン自身も画家であった。

自由な精神の持ち主であった母親の職業は、ユトリロを早い時期からアヴァンギャルドに触れさせることになった。彼は問題の多い若者に成長し、21歳になる頃にはアルコール依存症や精神病で深く苦しんでいた。彼の気分転換を図るため、ヴァラドンは息子に絵を描くよう勧めた。ユトリロはすぐにパリ、特に出身地であるモンマルトルのユニークな風景画を描き、人気を得た。

図像解説

1913年から1914年にかけて描かれた本作「ピュトーへの道」は、パリの郊外西にあるコミューンであるピュトーに通じる木々に囲まれた通りを描いた美しい風景画である。多くの方法で彼を育てた街を描くにあたり、ユトリロは、印象派の影響を受けた結果の卓越した優雅さと優れた技能を示した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名ピュトーへの道
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1913年 - 1914年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ディクソン・ギャラリー&ガーデンズ (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ60cm
  • 横幅82cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ピュトーへの道の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。