作品概要

モンマルトルのサン・ピエール教会》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1914年から1914年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《モンマルトルのサン・ピエール教会》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1914年に制作された油彩画である。フランス・パリにあるオランジュリー美術館に所蔵されている。

主題

ユトリロは、モンマルトルにあるサン・ピエール教会をしばしば描いた。サン・ピエール教会は12世紀に建設され、1900年から1905年の間に再建された。本作が描かれた1914年、既にモンマルトルには1875年より建設が開始され、外観がほぼ完成していたサクレ・クール寺院がそびえ立っていた。この作品では、1912年に完成したサクレ・クール寺院の鐘楼と二つのドームを見ることができる。

図像解説

この主題を描いた多くのバージョンの一つである本作は、門の後ろにあるサン・ピエール教会の正面を示している。構成が対称となっていることから、ユトリロは本作のモデルとして絵葉書を使用した可能性がある。

ここでは、画家は様々な筆使いで構成要素を表現することに熱中している。舗道や道路は、凹凸のある表面を伝えるために、明るい色調と暗い色調が交互に繰り返される繊細な水平の筆遣いで描かれている。

彼は家や教会の正面、サクレ・クール寺院のドームや鐘楼のために、特徴的な白をより厚く塗り重ねた。空はよりコンパクトな筆遣いで深みを減らしている。

建物の窓や開口部は閉じているか不透明である。緑色と黄色で描かれた木々の葉だけが、このパリの風景に生命をもたらしている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名モンマルトルのサン・ピエール教会
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1914年 - 1914年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、厚紙
  • 高さ76cm
  • 横幅105cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • モンマルトルのサン・ピエール教会の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。