作品概要

サン・リュスティック通り、モンマルトル、雪》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1940年から1940年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サン・リュスティック通り、モンマルトル、雪》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1940年に制作された油彩画である。

ユトリロは、パリ・モンマルトル地区の風景を主題に選び、多くの作品に描いた。当時のモンマルトルは、画家や詩人、作家などのボヘミアンが多く住んでいた「隠れ家」として有名であった。

制作の背景

このカラフルな絵画は、パリの街の喧騒から離れた村の雰囲気を残すモンマルトルの、入り組んで曲がりくねった通りを描いている。この作品は、1922年から1955年に亡くなるまでの間の「色彩の時代」と呼ばれる時期に制作された。皮肉なことに、批評家が後に、いわゆる「白の時代」を彼のキャリアにおける最も成功した期間とみなした一方で(おそらく彼の技法がキュビストのそれと一致していたため)、ユトリロが自分の作品に色を取り入れ始めた途端、絵は規則的に売れ始めた。

図像解説

この絵画の中心を通り抜けている、湾曲した石畳の通り、サン・リュスティック通りは、モンマルトル地区のシンボルであるサクレ・クール寺院に向かって鑑賞者の目を上へと導いている。男女に見える二人の人物は、人けのない通りを教会に向かって巡礼者のように歩いている。彼らは、衣服はしっかりとした色の点、手足はすばやい一筆と言ったように、最小限の筆運びで描かれている。ユトリロの表現力豊かな筆使いや色彩は、マティスやシャガールのような画家の影響を強く示している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名サン・リュスティック通り、モンマルトル、雪
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1940年 - 1940年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • サン・リュスティック通り、モンマルトル、雪の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。