作品概要

クリニャンクールの教会》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1913年から1915年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《クリニャンクールの教会》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1913年から1915年にかけて制作された油彩画である。フランス・パリにあるオランジュリー美術館に所蔵されている。

制作の背景

この作品でユトリロは、1859年から1863年にモンマルトルに建てられたノートルダム・ド・クリニャンクール教会を描いている。モンマルトルは、長年にわたり独立したコミューンであり、首都の外れにあった他の村とともに1860年にパリ市の一部となった。

ユトリロはこの教会に強い愛着を感じていた。実際、彼は次のように話している。「私は1883年12月25日、クリスマスの夜にパリのポトー通り、ノートルダム・ド・クリニャンクール教会の隣で生まれた。これはとりわけ美しい教会ではないし、とても古い。しかし私は常にこれを愛し、母親のためにこれを描いた」

これにより、ユトリロは画家でもあった母親シュザンウ・ヴァラドンのためにこの作品を描いたことが推測できる。

描写など

この作品は、アトリエで制作されたものである。線は定規で描かれており、そのうちのいくつかは教会の壁の部分に見える。本作の遠近法は非常によく構成されている。

薄い色をした壁を持つ教会は、非常に安定した線で特徴付けられた場面のほとんどの部分を占めている。シルエットの人物は教会に命を与えている。教会の上にある灰色の空と、葉がすでに色づいていることから、これは秋の風景である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名クリニャンクールの教会
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1913年 - 1915年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ73cm
  • 横幅100cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • クリニャンクールの教会の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。