作品概要

モン・スニ通り》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1914年から1914年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《モン・スニ通り》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1914年に制作された油彩画である。フランス・パリにあるオランジュリー美術館に所蔵されている。

制作の背景

ユトリロはしばしばパリ外に住んでいたにもかかわらず、母親シュザンヌ・ヴァラドン(1865-1938)がパリのコルトー通りにアトリエを持っており、後に息子が使うようになったことから、幼少期よりモンマルトル地域においてその存在を知られていた。

ユトリロは第一次世界大戦が始まった当初、非公式に「カフェ」と呼ばれていた小さなレストランに滞在することで、モンマルトルに住んでいた。彼は自分の寝室の窓からモン・スニ通りを見ることができ、この場所の眺めをいくつも描いた。通りはモンマルトルの丘に向かう坂に添っており、パリを見渡せた。

図像解説

これはアトリエで制作された大きな絵画である。遠近法の線が定規で描かれている。ユトリロは、モンマルトルで簡単に入手できた漆喰を主成分とする厚い塗料を使用している。

ユトリロは、本作で秋の場面を描こうと試みた。木は裸で、冷たい日光と灰色の空は、シャッターが閉じられた家のブロックの茶色い色調と、小さな家の屋根によって和らげられている。これは、《ベルリオーズの家》で描かれている作曲家エクトル・ベルリオーズ(1803-1869年)の家である。ここでもまた、ユトリロはフランス国旗を追加し、最初の署名を抉り取り、描き直している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名モン・スニ通り
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1914年 - 1914年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、厚紙
  • 高さ76cm
  • 横幅107cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • モン・スニ通りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。