作品概要

メゾン・ベルノ》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1924年から1924年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《メゾン・ベルノ》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1924年に制作された油彩画である。フランス・パリにあるオランジュリー美術館に所蔵されている。

図像解説

この絵は、パリのモンマルトルの丘の上にあるモン・スニ通りを下って行く人々の群れを描いている。画面右端に見えるのは、1912年に完成したサクレ・クール寺院の鐘楼である。左に「メゾン・ベルノ」が見えるこのアングルは、絵葉書に基づいている可能性が高い。ユトリロは、首都パリから遠く離れたアン県に住んでいた時期にこの作品を描いた。絵葉書はおそらくユトリロの記憶を補強する骨組みとして役立っただろう。

ユトリロは、生まれたときからパリのモンマルトルに住んでいた。一時的にパリから離れていたユトリロは、この近所の風景を懐かしく思いながら描いたように感じられる。

描写と技術

この作品におけるユトリロの技術は、他の作品とは異なっている。太い黒の筆運びを使用することで、人々のにぎやかさや色と対照となっている建築物のラインを引き立たせている。人々の中には、男性が一人だけ描かれている。画面の左側で背中を見せている彼は、イーゼルの前でパレットを持っている画家である。

ブーツと長いスカートを履いた女性たちは、かなり誇張されたシルエットで描かれており、これは同年描かれた《町役場の旗》(オランジュリー美術館蔵)に描かれた人々と非常に似た描き方となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名メゾン・ベルノ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1924年 - 1924年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ100cm
  • 横幅146cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • メゾン・ベルノの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。